2011年7月24日

旧甲子園ホテル"甲子園会館"

兵庫県西宮市にある『旧甲子園ホテル』(甲子園会館)の見学会へ行ってきました

1930年に甲子園ホテルとして竣工「東の帝国ホテル、西の甲子園ホテル」と並び称され、皇族や大臣をはじめ、文化人や海外の要人が宿泊した超一流ホテル。しかし、太平洋戦争の激化によりホテルとして営業したのはわずか14年。1944年に国に接収され、終戦後、アメリカ進駐軍が将校宿舎として10年使用されたこともあるそうです

当時、阪神電鉄がいまの甲子園球場の周辺に一大リゾート地を建設を目論んでいたそうです。球場、鳴尾競馬場、鳴尾浜海水浴場、動物園など…そして、そこへ一流ホテル建設を計画
1925年に、国道2号線を尼崎から西宮の境にある武庫川にかかる「武庫大橋」や路面電車(阪神国道線)も併設され、川のほとりの小高い丘の見晴らしや、周辺への交通の便の良さがホテル建設の決め手となったそうです
P1060682
そして、甲子園ホテルは、1930年に関西屈指のリゾートホテルとして開業。設計は、フランク・ロイド・ライトの愛弟子、遠藤新が手がけた。当時、帝国ホテルのマネージャーで、ホテル界の第一人者といわれた林愛作の理想に基づいて建設。皇族、政財界人、上級軍人などの社交場としてにぎわった

現在は改修を経て武庫川学院の所有、武庫川女子大学の学舎として利用されています。2007年に国の近代化産業遺産、2009年に国の登録有形文化財に登録。リゾート地だった周辺界隈は高級邸宅街にもなっています
DSC_7327.NEF
甲子園会館の見学会(事前予約が必要)は、随時開催されています

近代西洋建築でありながら、アジアなテイストを感じさせるファサード
DSC_7462

さっそく中へ、パブリックスペースとなっている中央ロビーからは、爽快に庭園を見下ろすことができます
DSC_7361.NEF

建築は「打ち出の小槌」をシンボルモチーフにしたオーナメント(飾り)が随所に見受けられます
DSC_7359.NEF
こちらは、一階にある「泉水」

さらに奥へ、西ホール
DSC_7372
かつて、ここで舞踏会や音楽会がおこなわれた。我らが阪神タイガースの「六甲おろし」が、はじめてお披露目された場所でもあるそうです(^^

市松格子光天井
DSC_7373.NEF

「打ち出の小槌」
DSC_7370.NEF

外へ出ると、夏空の下、褐色(火色)のタイルが映える
DSC_7382.NEF

DSC_7385.NEF

庭園からの眺め
DSC_7393.NEF

DSC_7394.NEF

東西ウィングに、アールデコ文様や幾何学的なデザインの壁面彫刻
DSC_7389

中央「打ち出の小槌」のレリーフ
DSC_7383.NEF

DSC_7388.NEF


日華石とレリーフテラコッタ
DSC_7397

DSC_7406.NEF
四つ合わせ。浮き彫り状の素焼き。維持管理がかなり難しいようでした

再び中へ、"BAR"
DSC_7432

DSC_7417

DSC_7427.NEF
現在は、オープンなスペースとして利用されていますが、ここは男の社交場として利用されていたようです。床の泰山タイルは、全国からサンプルとして取り寄せ無造作に敷き詰めた、遊び心を感じさせます

二階へ
DSC_7433.NEF

DSC_7436
応接室のアートグラス。ここは、ドラマの撮影などにも使われたそうです


DSC_7444
見学のご案内は、とても充実したお話ばかりで面白かったです!
また機会があれば行ってみたいと思います~♪


<スライドショー>(大きい画面は⇒こちら)



<位置図>

より大きな地図で 甲子園ホテル見学 を表示

<関連サイト>
武庫川女子大学 甲子園会館(旧甲子園ホテル)

十三のいま昔を歩こう「国道2号線・尼崎を歩く3」2011/01/16

2 件のコメント:

  1. こんにちは。いつもお世話になっています。
    きれいな写真!
    私も行ったことがありますが、すばらしい建物だと思います。
    泰山タイルの床は見ていて飽きません。
    ただその時は一般公開日で人が溢れていたので、ふだんに予約して出かけた方が良いのかも知れませんね。
    また行ってみたいです。

    返信削除
  2. >びんみんさん

    コメントありがとうございます!

    既に見学されたことが、おありなんですね(^^
    さすがです!

    本当に素晴らしい建物でした
    歴史の深さも感じることが出来て満足でした

    案外、地元の人は見学できることを知らないのかも…周りの方たちに、是非お薦めしたい建物ですね~♪

    返信削除